アラサー1ヶ月傷心旅行、フランスにて。

失恋をきっかけに、大好きなフランスを1ヶ月ひとり旅。

Jour 23 ゆったり時を感じる、教皇都市アヴィニョン

今日はアヴィニョンまで来ました。

ついにオクシタニー地域から、プロヴァンス・アルプ・コートダジュール地域に入りました。

 

 

 ここは一時期ローマ教皇が移住していた街。

教皇庁、立派な建物。

 

f:id:petite-mipi:20170819041255j:plain

 

街中も小綺麗で良い感じ。

 

f:id:petite-mipi:20170819041357j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170819041430j:plain

 

ここは映画のロケにも使われたことのある通り。

 

f:id:petite-mipi:20170819041513j:plain

 

教皇庁の裏手には小さな岩山。

ここに登るとリュベロン山脈などが見渡せます。

 

f:id:petite-mipi:20170819041554j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170819041638j:plain

 

今日も36度の炎天下なので、しばしベンチで休憩。

ここで70歳のバリバリ南仏人のムッシュに話しかけられ、南仏の魅力を延々と語られました。笑

更に、かつての教皇が眠る、教皇庁横の教会の内部案内までしてくれました。

冗談好きの楽しいムッシュで、色々からかわれました。笑

 

その後は滞在先のマダムに教えてもらった、教皇庁すぐ裏手の五つ星ホテル ラ・ミランドのサロン・ド・テ

美しい内装。

 

f:id:petite-mipi:20170819041731j:plain

 

お庭のところで休憩ティータイム。

ちょうどすぐ近くで路上演奏をしている人がいて、音楽も楽しめて、尚更心地良いひととき。

 

f:id:petite-mipi:20170819042920j:image

 

パティスリーと紅茶のセット11ユーロ。

本当はアイスティーとの組み合わせはダメなんだけど、サービスのお兄ちゃんが特別だよってOKくれました。

いかんせん暑い日だったので。

 

f:id:petite-mipi:20170819042505j:image

 

ベリーソースのチーズケーキ、美味しかった!

五つ星ホテルなのでサービスも心地良く、お一人様にも過ごしやすいサロン・ド・テでした。

女一人旅だと、こういう所の方がしっかりゆっくり休めるのかも。

優雅なティータイム、たまには良いよね♪

 

アヴィニョンの街はすぐ横にローヌ川が流れています。

この反対側の島になった部分には、無料の渡し船で渡れます。

ものの五分くらいですが、気持ちが良いのでオススメ。

反対側からの教皇庁アヴィニョン橋の眺め。

ぜひ渡って見ましょう。

夕方の穏やかになった風が心地良い。

 

f:id:petite-mipi:20170819041845j:plain

 

ゆったりと時を感じる、優雅な1日でした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

 

Jour 22 合わせて回るポン・デュ・ガールとユゼス

今日は太陽に焦がされそうになりながら行ってまいりました。
まずは朝一番でニームからバスにのり、世界遺産ポン・デュ・ガールを見に。

 

 

f:id:petite-mipi:20170818035921j:plain

 

圧巻!

近くで見るとかなりの大きさ。

 

f:id:petite-mipi:20170818040003j:plain

 

更にすこし山を登ると、こんな位置からも。

 

f:id:petite-mipi:20170818040046j:plain

 

こんなに大きくて美しい水道橋を、2000年近く前、古代ローマの人々が造ったことに、本当につくづく感心しちゃう。

午前9時過ぎに着いたので、まだ観光客はほとんど来ておらず、朝の光を浴びるポン・デュ・ガールをのんびり眺めることができました。
そして、朝一だったので昼間よりは暑さがマシだったのではないかと。。

 

バスで来ると左岸に止まるため、ほぼ必然的に入場ゲートを通って入ることになるため、最低でも博物館入場券つきの8.5ユーロのパス購入が必要になります。
ただ右岸側から来るか、あるいは大回りして水道橋にちかづけば、橋自体の観覧料はかからないみたい。
とはいえ、ローマ人がいかにして水道橋を造ったかなどを説明している博物館も興味深かったので、結果オーライかな。


その後はポン・デュ・ガールのバス停から更にバスにのり、ユゼスまで。
20分ほど。

 

 

南仏一美しいとも言われている、小さな町。

 

f:id:petite-mipi:20170818040728j:plain

 

最高気温35度の炎天下で、白い建物や道が眩しい。。
日陰を選ぶようにしながら、町歩き。

 

f:id:petite-mipi:20170818040913j:plain

 

アーティストのアトリエも沢山あり、素敵なお店も沢山ありました。
小さな町なので、1時間ちょっとあれば見て回れるくらい。

 

f:id:petite-mipi:20170818040956j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170818041101j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170818041502j:plain

 

ちなみに、ユゼの辺りから水が引かれ、ポン・デュ・ガールを通り、ニームまで水が届けられたことにより、古代ローマ時代のニームの町は色んな意味で潤ったようです。


今日は眩しすぎるほどでしたが、太陽の光が似合うユゼスの町とポン・デュ・ガール
合わせてぜひ。

南仏訛りのフランス語を耳にすることが、どんどん増えて来て、少し戸惑う新鮮さも感じています。

 

f:id:petite-mipi:20170818041612j:plain

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

 

 

Jour 21 古代ローマを感じる ニーム

 

今日はモンペリエからニームまで。

 

 

 駅から少し歩くと現れる、古代ローマ円形闘技場

 

f:id:petite-mipi:20170817034051j:plain

 

 

私は跡地も含めると、古代ローマ円形闘技場見るのは、これで5個目。

(ローマ、アルル、パリの跡地、リヨンの跡地)

本場ローマのコロッセオも見たことありますが、ニーム円形闘技場もなかなか立派です。

 

中に入ると、一番上の方はかなりの高さにある席になっていることを実感します。

 

f:id:petite-mipi:20170817034247j:plain

 

ただ、こういうものは中に入るより、外から見る方が綺麗だったりはするかも。

それにしても、ローマ遺跡を見るといつも感じるけど、こんな壮大なものを紀元2世紀ごろにローマ人が造り、歴史上いろんな用途を経て今日まで現存するのがすごい。

 

ローマ時代の神殿、メゾン・キャレ。

こちらも保存状態がかなり良い。

中ではニームの歴史にまつわるショートムービーが観れます。

 

f:id:petite-mipi:20170817035742j:plain

 

少し歩き、フォンテーヌ公園まで。

綺麗な並木道と水路。

 

f:id:petite-mipi:20170817034644j:plain

 

大きな庭園なのですが、ここまで水路がつながっています。

水路があると一気に公園の美しさが上がるのは何故だろう。

 

f:id:petite-mipi:20170817034947j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170817035210j:plain

 

この公園の裏山を上がっていくと。

こちらもローマ時代の遺跡、マーニュの塔が。

ここまで上がっていくのが結構大変…

 

f:id:petite-mipi:20170817035437j:plain

 

さらにこの塔の中を登るのが大変…

大汗かきながら登り切ると。

 

f:id:petite-mipi:20170817035557j:plain

 

パノラマビュー。ちょうど雲が陰ったタイミングで写真はいまいち。

古代ローマの時代もここから町を眺めていたのでしょう。

ローマ人が造った建物で、同じ場所に立っていると思うと、それだけで歴史のロマンを感じてしまう…

 

この塔は町の囲いの一部に立っていただったそうで。

他の一部分の残りも中心部近くに残っています。

 

f:id:petite-mipi:20170817041123j:plain

 

 

ニームの中心街。

小さい町ですが、おしゃれなお店もちょこちょこあって、雰囲気の良い町。

 

f:id:petite-mipi:20170817040108j:plain

 

f:id:petite-mipi:20170817040310j:plain

 

ニームの町の象徴。

道端で見かけます。

ローマ帝国の植民地として、こんなデザインの硬貨が使われていたそうな。

写真は横向きですが、クロコダイルとパルマの木。

 

f:id:petite-mipi:20170817040609j:plain

 

アルルにも古代ローマの遺跡がありますが、ニームの方が歴史が古く、更に保存状態が良い印象です。

円形闘技場もこちらの方が大きい。

歴史に興味がある人には面白い町!

興味なくても、ローマ人の遺跡を目の前にすると、ローマ帝国の偉大さを感じることができるでしょう。

 

それにしても太陽が照りつけ、結構な暑さです。

明日は更に気温が上がる模様…

 明日もローマ時代の遺跡の一つ、世界遺産を見に行きます。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村