アラサー1ヶ月傷心旅行、フランスにて。

失恋をきっかけに、大好きなフランスを1ヶ月ひとり旅。

はじめてのパリ

 

初めてのフランス、そして初めてのパリは、今から7年前のことでした。

 

実は、その当時からフランスが好きなわけでも、フランス語を勉強していたわけでもありませんでした。

むしろ、イギリスに憧れていた。笑

ロンドンでホームステイを3週間した後、ユーロスターでパリまで足を伸ばしてみたのです。

そのあとにアムステルダムも行きたかったし、予算の関係で、たったの2泊3日。

 

パリという街に憧れはほとんどなかったと記憶しているのですが、当時から印象派とか現代画は好きだったので、パリのオルセーやオランジュリーなどの美術館に訪れてみたくて。

 

 

f:id:petite-mipi:20171022180340j:plain

オランジュリー美術館。定番中の定番ですが、モネ大好き。

 

そんな初めてのパリにも関わらず、ユーロスターで北駅に着いた後は、大きなスーツケースを持って、メトロに乗ってホテルまで。

 

スーツケースを転がしながら、メトロのチケットを買うべく、券売機へ並ぶ。

3〜4人ぐらい並んでいたんですが。

そこへ、ロマ系かアラブ系(記憶曖昧…)の少年たち3人くらいに話しかけられる。

『向こうに安く買える券売機があるから、案内してあげるよ!』

私『え、そうなの?じゃあ…』と素直に列から外れてしまったのですが。

ふと、我に帰り。

『なんで私だけにそんなこと言うんだ、みんな並んでいるのに。あ、騙されるかも。』

それで、ノーセンキュー!と言い通して列に並び直したことろ、何をされるわけでも盗られるわけでもなく、少年たちは去って行きました。

真相はわからないけど、今思い返しても、とっさに判断できてよかったと冷や汗です。苦笑

 

 

パリのメトロはほとんどエスカレーターすらないから、大変だった。

そんなことも当時は知らなかった。無謀。

ホテルはレピュブリックからほど近いところ。

名前は失念していたけど、Booking.comで地図から検索して発見。

 

“パリ フランス ホテル”って、そのまんまの名前。笑

www.booking.com

 

二つ星なのでパリ市内でも結構お手ごろな割に、一人旅でシンプルに泊まるのには十分でした。

フロントのおじさんが優しかった。

 パリに何回か来ていて慣れている人で、手ごろな価格のホテルを探す人にはオススメです。

レピュブリック駅に近いから便利だし、治安も悪いわけではないと思います。

夜中に道路沿いで大きな叫び声とともに窓ガラスが割れる音が聞こえたのには、少しびっくりでしたが…

 

 

さて、初めてのパリ。当時20代前半。

当時の私はペタンコの靴を履く習慣がない人間だったので、パリの街も7センチくらいのヒールがあるブーツで歩き回りました。

スニーカー愛用の今じゃ考えられない…

寒い時期だったので、コートは着ていましたが、膝よりは上の丈のワンピースに、ポンチョ型のコート。

今思い返すと、あんな格好でよく歩いたものです。

やっぱり無謀。苦笑

それでも幸いなことに、スリに遭うこともなくパリ観光が出来たのは、運のおかげなのだと思っています…

 

 

そんなこんなの初めてのパリ滞在。

美術館に大変満足はしたものの、フランス語は全く知らないし、パリのオスマニアン様式の建物が並ぶ街並みにも、そんなに感動はないと言うか、「なんか重厚な雰囲気だねぇ〜見飽きそう…」ぐらいの感想でした。笑

パリに対してガッカリもしなかったけど。

ロンドンがパリより若い人向けだと言うことはもちろんないと思うのだけど、“パリの雰囲気って成熟している”のは今でも思います。

その当時の私では、パリの魅力を理解できなかったのでしょうね。

 

当時の私が、フランス大好きな今の私を知ったら、何て言うのかな。

逆に今の私で、またロンドンも訪れてみたいなぁ。

 

 

f:id:petite-mipi:20171022193741j:plain

かの有名なギャラリーラファイエットの天井。

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで女性一人旅ってどうなのか

 

以前、フランスの治安について書きました。

 

 

petite-mipi.hatenablog.com

 

 

今回はフランスを女性1人で旅することについてです。

 

フランスは、依然テロの脅威はありますが、女性1人でも旅しやすい国だと思います。

いかんせん観光大国です。

前にも書いたように、フランスは普通に旅行していて、命に関わる犯罪に巻き込まれる可能性は多くないです。

パリでは軽犯罪がめちゃくちゃ多いですが。

 

いかがわしい道や、夜に人通りが少ない道を通ることをしなければ、女性だからといって危ない目に合うことが多い国ではないと思います。

ただし、日本と違って、夜12時以降の女性一人歩きはフランス人女性でも、ほとんどしません。

パリ市内の人通りが多いところであれば、22時くらいまでは問題ないかと思います。

 

私は小柄なこともある(フランス人女性に比べると子どもにしか見えないだろう…)し、日本でも超普通の人間なので、フランスにいて男の人に声掛けられたりもほぼありません。

個人主義の国なので、女性一人でも良い意味でほかっといてくれます。

ほかっとかれないような、美貌に生まれたかったけどね笑

また、真っ当なフランス人は道ゆく人に馴れ馴れしく声をかけたりはしません。

よっぽど一目惚れとかで声をかけるとしても、ちゃんとしている人なら丁寧だと思います。

美しい方だと、カフェなどで店員さんなどに軽いナンパされることはあるかもしれませんが。笑

興味がなければ、無視をする必要はないけど、余計な愛想笑いはせずに、テキトーにあしらい、しつこければキッパリ言いましょう。

また、観光で巡るような地に住むフランス人達は、外国人にも慣れているので、変な目で見られることもほとんどありません。

 

 

服装に関しては、夏の暑さが激しい時、現地のフランス人女性達は上はキャミソールと下はショートパンツとかで露出が多いと言えば多いのかもしれませんが、ミニスカートを履いたりとかはほとんどなく、パンツスタイルがほとんど。

そして、みんなシンプルな格好が多いです。

化粧もナチュラル。

お化粧バッチリ、格好も華やかな色味で貫禄たっぷりのマダム達(5、60代以降〜)もいますが、若い女性達でファンデばっちりの人はほとんどいません。

パリを旅行している日本人女性達を見ていると、みんな小綺麗な格好にメイクや髪の毛もちゃんとしていて本当にお洒落だなぁと思いますが、あまりフワフワしている格好より、シンプルな格好にしておくのが無難ではないかと思います。

スリに狙われないためにも。

露出が多い格好や、ミニスカートなどを履いていると、娼婦に間違われる危険もあります。

かと言って、あまりにみすぼらしい格好をする必要もありません。

シンプル、それが一番おすすめです。

私は今回は、高級レストランに行く予定など勿論なかったので笑、ユ◯クロのフレンチリネンシャツにシンプルなパンツ、スニーカーといった感じでした。

 

 

女性一人旅なら、宿泊場所は、ある程度費用がかかっても、安全な地区で選ぶ方が良いと思います。

パリ市内なら、10、11、17区東、18、19、20区は避けた方が良いと思います。

 

 

フランスは各地に素敵な美術館などもいっぱいあるし、ただ散歩しているだけでも絵になるような景色が沢山あるので、女性一人でも楽しめますよ。

 

 

偉そうなことを色々言っておりますが。

私が初めてパリを訪れた時も一人旅だったのです、今からかれこれ何年か前、大学を卒業する前。

その時は、今の私からしたらツッコミたくなるような注意レベルの旅行でした。笑

運が良かったのでしょう。。苦笑

またそれについても書くとします。

 

 

f:id:petite-mipi:20171020180437j:plain

2015年5月に撮ったパリ。

 

 

 

 

 

 

 

粛々と

 

日本に帰国後、次の目標に向けて、やるべきことがあった為、2週間ほどは粛々ながらも追い込まれておりました。

 

 

毎日フランス各地を移動していた日々に比べると、とっても地味な毎日なのですが、思った以上に時間が早く過ぎていきます。

 

 

歳を重ねるほど時間が経つのが早く感じるのは、今まで生きてきた年月が増える分、それに比べてると1日の24時間は短くなっていくから。

なるほど、そうなのかも。

 

 

とはいえ、1日少しずつでもフランス語の勉強は続けています。

忘れたくないし、もっともっと伸ばしたいから。

フランス語の勉強しているのが本当に好きというか、まだまだ知らないことは沢山あって、吸収したいなぁという欲がつきないのです。

飽きっぽい性格なので、今まで散々色々なことに興味を持って手を出して来たのですが、こんなに続いてるのはフランス語くらいかも。笑

 

 

フランス語の勉強と同じく、ブログも続けていきたいと、地味に思っています。

 

 

 f:id:petite-mipi:20171018213450j:image

写真はアヴィニョンの一角で。