アラサー1ヶ月傷心旅行、フランスにて。

失恋をきっかけに、大好きなフランスを1ヶ月ひとり旅。

ケベックのフランス語

 

日本に帰ってきてから、語学学習パートナーを見つけるアプリを利用してみています。

日本に帰ってきてからもフランス語を話す機会を作りたいなぁと思ったので。

東京とかだとフランス人て結構いると思うのだけど、いかんせん地方都市在住なので、フランス語ネイティヴはそんなに多くはなさそう。

 

 

そんなこんなでしたが、わたしの住んでいる街に留学生として来ている、カナダのケベック出身のネイティヴとアプリを通じて知り合い、先日お茶をしてきました。

 

そう、カナダは英語だけでなく、フランス語も公用語です。

カナダのケベック州ではケベックワと言われるフランス語が話されています。

 

ケベック・フランス語 - Wikipedia

 

フランス語が公用語の1つになっている国って意外に多いのですよ。

フランス、ベルギー、スイス、カナダ、そして西アフリカ諸国。

ただ、同じ日本国内でも方便やイントネーションの違いがあるように、各国で話されるフランス語は発音などで若干違いがあったりします。

 

 

そんな中でも、フランス語本国フランス人がしばしネタにする、ケベックワ。 

ベルギーやスイスでのフランス語発音の違いは、そこまで大きくないのですが、ケベックワは結構訛っている。

訛っていると言うと失礼ですね。

まぁ発音やイントネーションの違いが前述の2カ国よりも大きい。

フランス人でも理解しづらいようです。

フランスで放映されるテレビの中で、ケベックワが喋るインタビューなどに字幕がついたりもします。

 

 

私は今までケベックワと話す機会が一度もなかったので、先日のお茶が初めての機会でした。

留学生の彼は、私がケベックワに慣れていないことも理解していたので、気を遣ってゆっくりめに話してくれたこともあり、理解出来ました。

が、やはり、フランスで話されるフランス語との発音やイントネーションの違いが新鮮…!

なんていうか、英語ネイティヴがフランス語を喋っているかのようなイントネーション。

やはり歴史上、英語の影響も大きいからでしょうか。

 

 

あ、話す機会は初めてでしたが、ケベックワを聞いた事は過去にありました。

いま映画界では脚光を浴びてる、俳優かつ映画監督のグザヴィエ・ドラン。

彼はケベックワです。

そんな彼の作品、マイ・マザーを観たことがあるのですが。

ケベックワの発音が気になって気になって、まともに見れなかったという記憶。笑

 

 

そんなケベックのフランス語は、私にとって、フランス語の一つとして新しい学びです。

また、日本語と違い、一つの言語で様々な国の人とも会話できるのが、フランス語の語学学習の楽しみの一つであることも、改めて感じるのでした。

ケベック、いつか旅行してみたいです。

 

youtu.be

 

 

とはいえ、家に帰って、ネットでフランス人が話すフランス語を聞いて、少しホッとしたのも事実。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

パリでバスに乗ろう

 

パリを旅行するなら、移動に一番便利なのはメトロ。

路線が名前ではなく、番号なのでとても分かりやすい。

しかしスリも多い。

 

私がオススメしたいのは、バス!

メトロと同じ切符で乗れます。(ただし、バスの運転手から買う場合は、バス1回乗車のみで2ユーロと少し高くなります。)

景色が見えるし、路線によっては観光バス並みに景色が美しいところを通ります。

そしてメトロに比べて、スリに合う可能性も低くなると思います。

 

 

ガイドブックにも説明があると思いますが、乗り方はそんなに難しくありません。

バス前方から乗り、チケットを機械に通す。

降りる時は停車ボタンを押して、降りるだけです。

メトロ以上に、停車名が分かりにくいのが少し難しいくらいです。

 

 

パリに住んでいた時に、通学はバスを乗り継いでいました。

また、元彼のところで短期滞在をした時、平日昼間は暇なので、パリ内のバス路線をひたすら乗り継ぐと言う(キチガイじみた)ことをしたことがあります。

そんな私のオススメバス路線をご紹介。

 

 

27番  オペラ〜リュクサンブール公園

オペラ通りから始まり、ルーヴル美術館敷地内を通る路線。

ルーヴルを通る路線は、毎度ワクワクします!笑

そして、左岸セーヌ川沿いを走り、クリュニー辺りを通ってリュクサンブール公園へ。

リュクサンブール公園でのんびりもおすすめです。

 

 

87番 エッフェル塔からバスティーユ間。

エッフェル塔がすぐ近くのシャン・ドゥ・マルスから、高級住宅街エリアのボンマルシェ付近に向かい、サンジェルマン大通りを抜け、不夜城と言われる、若者の活気があるバスティーユまで。

パリのシックなエリアを抜けて、オスマニアン様式が並ぶサンジェルマン大通りを抜けた後に、右岸の若者エリア・バスティーユの雰囲気のギャップが楽しい。

 

42番 シャン・ドゥ・マルスからマドレーヌ、オペラ間

87番と同じくシャン・ドゥ・マルスから、こちらは右岸に渡り、アルマ・マルソー、高級メゾンが並ぶモンテーニュ通り、シャンゼリゼ通りを通る路線。

パリの華やかさを楽しめる路線!

 

 

72番 ラディオ・フランスからパリ市庁舎 間

16区のセーヌ川沿いのラジオ局から、そのままセーヌ川沿いを走り、コンコルド広場やシャトレを通り、パリ市庁舎まで。

セーヌ川世界遺産になっている区間を満喫出来る、まさにパリにいることを感じさせてくれる路線。

 

 

Monmartobus  モンマルトロバス

ピガール駅と18区区役所を往復する、住民の足。

いかんせん、モンマルトルエリアは結構な勾配の坂ばかり。

住民が利用するためだと思うのですが、小さな村のような、飾らないモンマルトルの雰囲気を楽しめる路線。

個人的にはとってもオススメ、というより好きな路線。

 

 

メトロに乗るより時間はかかっても、パリの美しさを満喫できるバス、ぜひ乗ってみませんか?

 

 

f:id:petite-mipi:20171027175755j:plain

 バスの中からの一枚。

後ろに特別車と表示のある、旧式?バスを見かけ、思わずパチリ。

 

 

 

 

 

 

はじめてのパリ

 

初めてのフランス、そして初めてのパリは、今から7年前のことでした。

 

実は、その当時からフランスが好きなわけでも、フランス語を勉強していたわけでもありませんでした。

むしろ、イギリスに憧れていた。笑

ロンドンでホームステイを3週間した後、ユーロスターでパリまで足を伸ばしてみたのです。

そのあとにアムステルダムも行きたかったし、予算の関係で、たったの2泊3日。

 

パリという街に憧れはほとんどなかったと記憶しているのですが、当時から印象派とか現代画は好きだったので、パリのオルセーやオランジュリーなどの美術館に訪れてみたくて。

 

 

f:id:petite-mipi:20171022180340j:plain

オランジュリー美術館。定番中の定番ですが、モネ大好き。

 

そんな初めてのパリにも関わらず、ユーロスターで北駅に着いた後は、大きなスーツケースを持って、メトロに乗ってホテルまで。

 

スーツケースを転がしながら、メトロのチケットを買うべく、券売機へ並ぶ。

3〜4人ぐらい並んでいたんですが。

そこへ、ロマ系かアラブ系(記憶曖昧…)の少年たち3人くらいに話しかけられる。

『向こうに安く買える券売機があるから、案内してあげるよ!』

私『え、そうなの?じゃあ…』と素直に列から外れてしまったのですが。

ふと、我に帰り。

『なんで私だけにそんなこと言うんだ、みんな並んでいるのに。あ、騙されるかも。』

それで、ノーセンキュー!と言い通して列に並び直したことろ、何をされるわけでも盗られるわけでもなく、少年たちは去って行きました。

真相はわからないけど、今思い返しても、とっさに判断できてよかったと冷や汗です。苦笑

 

 

パリのメトロはほとんどエスカレーターすらないから、大変だった。

そんなことも当時は知らなかった。無謀。

ホテルはレピュブリックからほど近いところ。

名前は失念していたけど、Booking.comで地図から検索して発見。

 

“パリ フランス ホテル”って、そのまんまの名前。笑

www.booking.com

 

二つ星なのでパリ市内でも結構お手ごろな割に、一人旅でシンプルに泊まるのには十分でした。

フロントのおじさんが優しかった。

 パリに何回か来ていて慣れている人で、手ごろな価格のホテルを探す人にはオススメです。

レピュブリック駅に近いから便利だし、治安も悪いわけではないと思います。

夜中に道路沿いで大きな叫び声とともに窓ガラスが割れる音が聞こえたのには、少しびっくりでしたが…

 

 

さて、初めてのパリ。当時20代前半。

当時の私はペタンコの靴を履く習慣がない人間だったので、パリの街も7センチくらいのヒールがあるブーツで歩き回りました。

スニーカー愛用の今じゃ考えられない…

寒い時期だったので、コートは着ていましたが、膝よりは上の丈のワンピースに、ポンチョ型のコート。

今思い返すと、あんな格好でよく歩いたものです。

やっぱり無謀。苦笑

それでも幸いなことに、スリに遭うこともなくパリ観光が出来たのは、運のおかげなのだと思っています…

 

 

そんなこんなの初めてのパリ滞在。

美術館に大変満足はしたものの、フランス語は全く知らないし、パリのオスマニアン様式の建物が並ぶ街並みにも、そんなに感動はないと言うか、「なんか重厚な雰囲気だねぇ〜見飽きそう…」ぐらいの感想でした。笑

パリに対してガッカリもしなかったけど。

ロンドンがパリより若い人向けだと言うことはもちろんないと思うのだけど、“パリの雰囲気って成熟している”のは今でも思います。

その当時の私では、パリの魅力を理解できなかったのでしょうね。

 

当時の私が、フランス大好きな今の私を知ったら、何て言うのかな。

逆に今の私で、またロンドンも訪れてみたいなぁ。

 

 

f:id:petite-mipi:20171022193741j:plain

かの有名なギャラリーラファイエットの天井。